医療機関と脱毛サロンの違いについて

医療機関と脱毛サロンの違いについて

・脱毛の需要について

最近では脱毛はより気軽に安価に施術する事が出来る様になりました。というのも一昔前はお金持ちの方が脱毛を行うくらいに敷居が高く中々受け入れにくい物でした。
今では医療機関やクリニックといった従来の場所から、脱毛サロンや脱毛ラボといった専門的に脱毛を行っている店が増加して価格競争もあり、安価にもなりました。
そんな医療機関と脱毛サロン、どう違うのでしょうか?

 

・医療機関と脱毛サロンの違い

まず、医療機関での脱毛方法はレーザー脱毛器を使用して施術を行います。レーザー脱毛器はレーザー照射の力が強力でトラブルや問題を起こしてしまう可能性があるので、医師が常勤している場所でしか使用をする事が出来ません。

 

脱毛サロンでの脱毛方法は光脱毛器を使用して脱毛を行います。脱毛サロンでは医師の常勤を行われていないので、レーザー脱毛器を使用する事が出来ないので、レーザーより少し力が弱い光脱毛器を使用します。

 

脱毛自体の力が弱い為、医療機関に比べて長いスパンで脱毛を施術していくわけですが、脱毛を施術後にアフターケアサービスとして美肌を持続するケアサービスを行う事で医療機関にはない特徴を出しています。

 

・結局の所どちらが良いのか?

レーザー脱毛器と光脱毛器、いざ施術する場合大きくパワーが違うので素早く脱毛だけを行う場合には医療機関でレーザー脱毛を施術する方が良いですね。

 

脱毛を行う際に、肌のダメージやシミの原因にもつながる脱毛の不安等がある方には、脱毛サロンにて光脱毛を施術してゆっくり脱毛と肌ケアを行う方が良いかもしれません。

 

お互いメリットもありますので、自身のライフスタイルに合わせた脱毛方法を選んでいくのがいいでしょう。

 

医療レーザー脱毛の基礎〜はじめるための手順〜TOP